電子音楽などなど自分語り

友人の手伝いでMIXアルバムに参加させていただくことになり、7月リリースが決まってホッとした次第です。当然直接お礼はお伝えしましたが、ここでも改めて、本当にありがとうございます。
MPCにしてもEmpathにしてもXONE:62にしても、何だか身の程をすぎた機材だなぁと痛感する日々だったのですが、それでもこいつらをフル活用できた気がして、とてもとてもとてもとても楽しかったのです。


そもそも電子音楽、と呼ばれるような音に首を突っ込んだのは大学生になってからだったんですが*1、未だにジャンルはよく分からなくて、ナニがテクノでアンビエントエレクトロニカなんだか分からんまま全部ひっくるめて「電子音楽」と呼んでます。
どのあたりで引っかかったのかはよく覚えていないんですが、「極限まで非人間的な音なのに、それが生音のサンプリングでできていたらなんて面白いんだろう」と思って、色々聞いてみたのがきっかけだったのは確かです。
当時はちょうどポスト〜みたいな言い方がロック方面では流行っていたんですが、段々ジャンルが細かくなっていくのを見てると訳が分かんなくなってきて、「あーなんかもう探すのめんどいな」とか思っておりました。でも何と言うか、探して紐づいてるものをずるずる引っ張るのが音聴く醍醐味だよなぁ、という妙に原理主義者的なところがあって、なんだか探すきっかけが欲しかった訳です。
その時にちょうど上みたいなことを考えてたんですが、咄嗟に「あ、でもそれって昔は機材の性能上、できなかったことだよなぁ」と気がついて、「それじゃあ、昔から同じスタイルのギター、ベース、ドラムの構成じゃ探してるもんはないよなぁ」と考えて、そいでルール無用の電子音楽に興味を持った訳です。タンテとコンソール、ソフトシンセ類買ってみたのもその頃。
そしたら何だか電子音楽って面白い人たちがわさわさ出てきて、面白いことを平然とやってのけて、うわ、眩しい所だ! って感動した訳です。いわゆる実験音楽って世界もちょっと覗いたのですが、さすがに厳しかったので早々に撤退。


未だに眩しいまんまのClark。同い年とは思えないよなぁ

今じゃギター弾くより色々と音をサンプリングしている時間の方が長い気がします。いずれMixブログで書いてるような機材の話でも。


とか何とか電子音楽の話しましたが、電子音楽→生演奏って落とし込みも、またいいものだなぁ、と最近思ってます。
「極限まで非人間的な音なのに、それが生音のサンプリングでできていたらなんて面白いんだろう」
って所に、何と言うか、
「もう一度血と肉を与えてみる」感覚なんでしょうか。


"Ted"EPのアナログMIXでも聴きながら。
Ted / Clark(bibio mix)

*1:野田努の影響だったのは秘密